神話の神々の紹介1

  ギリシャ神話とだぶってる所も結構あったりして・・・

  顔をなでたら何かが起きるかも?

神々の長 アシュラン


全ての神のまとめ役、人間世界を作ったのがアシュランと神話の本にはある。

ヒルデリアとの間に子供は多数いるが、他の女神や妖精との間にもたくさん

いる。男の神の名前は全てアシュランがつけている。

出産の女神 ヒルデリア

アシュランの妻で女神のトップ。人間社会では安産の守り神として敬われてい

いる。アシュランとの間に多数子供がいる。アシュランが浮気するたびに雷

を落としている。別名嫉妬の女神。

(だがアシュランもヒルデリアに嫉妬されて喜んでるふしもある。)

女の神の名前は全てヒルデリアがつけている。

愛欲の女神 ガーベラ 「世界に必要なのは、愛」

ゆりと縁がある女神様。その美貌に人間は見つめられただけで

ノックアウト。神々の恋人が数人いる。

ガーベラに会うと、神も人間も性欲が高まってしまう。

そのためガーベラが人間界にやってくると、たいてい数年後には

子供が一杯産まれるといわれている。

愛の神クーリーフン  「母さんが一番」


ラーズとの間にできた子供ながらガーベラ寄りの美貌で女神達に

結構人気がある。性格は無邪気。ガーベラと違って性欲は全然

ない。赤ん坊の姿になってる時もある。

虹の神ラーズ  「虹は人々に安らぎを与えるだろう?」


神界では大きな虹がかかっているとたいていラーズがいる。

ガーベラの恋人。クーリーフンの白い翼はラーズ譲り。

慈愛の女神ダーナ 「女神で一番美しいのはわ・た・し」


美貌ではガーベラと負けず劣らずと言われている女神。

人間界では絶大な人気があり、その人気もガーベラ以上。それも

ガーベラよりもダーナの方が信者獲得に熱心だからのようだ。

ガーベラ同様、神の恋人が数人いる。

人間はダーナを見ると淡い恋心を抱いてしまう。

水の神ラクア  「水は全ての生命の源」

神格は海の神よりも下だが、全ての水系の精霊はラクアに従っている。


人間界では海のない内陸部でかなり信仰されている。

優しい気性と言われているが、勝手に泉や湖を埋めたりすると、その国には

とたんに水の害が起こる事があり、人間には恐れられている神でもある。

ガーベラの恋人。

お酒の神様ジンラ  「飲みすぎちゃだめだぞ」

神々が飲むお酒の全てはジンラの農園で作られてます。

蛇の国で一番人気が高いのがやっぱりジンラ様。毎年ぶどうの収穫時期


にはジンラに捧げる祭りが行われてます。過去数回蛇の国にいらっしゃった


こともあるよう。ある意味人間界には欠かせない神様。

ガーベラの恋人。

太陽の神 アリアス  「見上げればそこに・・・」


アシュランと妖精との間に産まれた神。かなり重要な神なので、ヒルデリアと

してはまったく面白くない。


神国では夜明けと共にアリアスの乗った黄金の馬車が空を駆けていく。

ダーナは一番の恋人だが、アシュランに似たのかかなり気が多く、来る者は

拒まない性格。ダーナとの間に光系の女神が多数いる。



軍神ハロルド  「・・・・」


アシュランとヒルデリアの息子。ヒルデリアには息子の中で一番かわいがられ

ている。神の性質上少々荒っぽい所がある。移動する時はいつもペガサスに

乗っていて、鎧姿の時もある。龍の国ではかなり信仰されている神。

かつて蛇の国が龍の国との戦を免れたのはゆりにガーベラが降りてガーベラが

ハロルドの恋人だったといういきさつからだったが、神の国での二人の関係

は?

夜の神 オルガ   「人々に安らかな眠りを」

昼間はめったに出現しない神。夜になるとあちこち漂っている。

ガーベラの恋人。オルガが近くにいると、人間は眠くなってしまう

風の神 ウィル   「風に乗ってどこまでも」


風の神は他にも多数いるがその中の一人。たいてい宙に浮かんでふわふわ

浮いている。ダーナの恋人。結構軽い性格だが、ダーナ一筋らしい。

知恵の女神 カサンドラ 「人は悪い知恵もつけるから困ったものじゃ」


女神の中ではナンバー2。人間社会では図書館や学校などに絵画がよく

置かれている。知識を探求する者の前にしばしば現れるとか。

自身は男にあまり興味がなく、気にいった神と一緒に同じ宮殿で住んでいる。

土の神 サントス

全ての農作物は良い土から育まれる。人間社会では農園などで崇拝されて

いる神。カサンドラと仲が良く一緒の宮殿に住んでいるがお互いに恋愛感情

はない。アシュランとヒルデリアの子供。

むちゃくちゃ奥手。

伝令神 グレン

アシュランとヒルデリアの伝令が主な仕事。翼があるサンダルを履いていて

自由に空を飛ぶことができる。その役目柄、顔を見るなり神々に嫌な顔を

されることも度々。

花の女神 ファティマ


アシュランと他の妖精との間の子供。かなり美しい女神ができたので

アシュランは大喜び。でもその美しさのせいで多くの神々が魅了されて

騒動に発展することに。

火の神  サラディン

全ての火の妖精を従えている。性格は少々(?)気難しいらしい。
 

 知恵の神  パティウス

 悪知恵がよく働くいたずら好きの神。ヒルデリアにも悪さを働く怖い者知らず。

 アシュランの息子なので皆いたずらされても苦い顔ですませている。

 しょっちゅうグレンに追いかけられている。

 

 
技の神 ジェラルド

神の石像や木像を作らせたら右に出る者はいない。神殿の横にはジェラルド工房というものがあり

そこで神々の神殿の調度品なども作られている。ごくたまに人間を弟子にしているようだ。

趣味は女神の水浴をのぞくこと。

 バスティアン

 
記憶の神

神々の重要なことはすべて記憶している。アシュランから「あれなんだったかな?」と

聞かれる事もたびたび。

 コーカサス

 
記録の神

人間界では全然知られてはいないが、神々のことを書物にして人間に渡している神。

いわゆる神々の宣伝マン。未来を予知する力があり、本には未来のことがらも

のせられている。予知は100パーセントではなく、違えばしょっちゅう書き直されているようだ。

バスティアンとは兄弟。

 イサドラ

 
豊穣の女神

いつも麦の穂を持ち歩いている。それは神器で、それが枯れると人間界は大凶作になるらしい。

 


 月の女神

アリアスと母が一緒。父はアシュラン。男嫌い。

剣や弓矢が得意。夜、人間界で月の女神の馬車を見ることができたらラッキーだと

言われている。

 


 音楽の神様  ラメーン  「いつも心に楽を」
 
 上品そうな神様。楽器はなんでもプロ級。

 髪がラーメンの麺のようにちぢれているため、ついゆりがラーメンと呼んで

 しまう。女性にももてるが本人は妖精にも女神にもあまり興味がないよう。

 お忍びでよく人間界に降りては、人間が奏でる音に耳を傾けている。(第6部より登場)

 

 
 獣神 ライオネル   

 
 外見は、ライオンが服を着てそのまま二足歩行しているかんじ。

 蛇の国ではまったく信仰されていないが獣系の国では人気がある神様。

 虎の国などにも気軽に降りているようだ。アシュランとヒルデリアの息子で

 ハロルドのことは「兄貴」と呼んでいる。人間になろうと思えばなれるようだが
 
 こっちの姿の方が好きらしい。第7部より登場

   緑の神 ジュライ
 
 植物関係の神の中では一番神格が高い。精悍な顔立ちで体格も結構いい。

 人間界では国に問わず信仰されている。結構気さくな性格のため、妖精達の人気は

 かなり高く、ファンクラブまであるようだ。

 かなりの美声の持ち主。ダーナの恋人だがたまに浮気もしちゃってるようだ。
 
  

 戻る                         


ここから先はネタバレありなので注意









 神話の神々の紹介2

 こちらはネタバレあり、なので知りたくない人は本編を先に読んでね。
 

お酒の神 アマンザ  「お酒好き?」

ジンラとガーベラの子供だが、ゆりがガーベラになってる時に産んじゃった

子供。ちょっと成長した姿。

お仕事はお父さんのお手伝い。アマンザのおかげでジンラは大助かり。

 
 jeiku.kquria.gif  

護りの神 ジェイク と 癒しの女神 キュリア


ハロルドとガーベラの子供だが、ゆりが神の国にいる時にはずみで

できちゃった子供達。
   

虹の女神 サーラ

ガーベラとラーズの久々の子供。今度は女の子。

無邪気な笑顔に神様達も思わず笑みを浮かべてしまう癒し系女神様。
 ティラ ティカ  

 星の神。星の綺麗な夜、人間界にもわりと出没している。

 オルガの息子達で双子。
 

 ルティアナ  「大きくなったら美人になりたいなー」

火の神 産まれる時は結構いろいろあった。

ガーベラのような綺麗な女神になるのが夢のようだ。

 ネル

 
  土の女神

 ネルも産まれる時はかなりいろいろあった。

 父親はサントス。サントスが娘かわいいあまりべったり張り付いて離れないようだ。




 ユリアナ イオナ

 
水の女神

ラクアの娘で双子。水の中で泳ぐのが大好き。しょっちゅう神殿の外の湖の中で泳い

でいる。


 シャリィ  ひょんなことから生まれた愛の妖精

綿菓子のような腰までのふわふわとした金色の髪

愛らしい風貌。まだ少女。



戻る